トップ > 交通広告

交通広告

交通広告とは、私たちの行動・生活環境をとりまく様々な交通機関や交通関連施設、また移動性のある車両やその施設に付随するスペースなどを利用した広告媒体の総称です。 日常生活において交通広告は、生活者が移動・外出中に接触するコミュニケーション媒体として活躍します。他のメディアに比べ生活者の変わらない行動(習慣)である通勤や通学、この生活動線上で強制視認性が高く、反復訴求の期待ができるエリアマーケティングには欠かせない媒体として「交通広告」が注目されています。

取扱交通広告

北陸新幹線・JR西日本全線・あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道・万葉線・富山地方鉄道・富山ライトレール

駅メディア

駅構内看板

構内看板駅構内の様々な場所に設置されている媒体。長期間掲出されることが多く、企業イメージの固定化を図っていくのに効果的です。

駅デジタルサイネージ

デジタルサイネージ1デジタルサイネージ2主に駅構内や通路の柱等に設置されており目線に飛び込んでくる高い効果があります。静止画・動画に対応しており、放映内容の変更が容易である利点があります。

駅貼りポスター

駅針ポスター1駅針ポスター2駅を利用する方の目にとまりやすい広告媒体です。
エリアや個別に掲出駅を指定できます。ポスターサイズもB2~B0の3種類のサイズに対応、期間も1期7日間と短期で活用いただきやすい媒体です。

車両メディア

車内中吊りポスター

中吊りポスター1中吊りポスター2電車内の目立つ中央に掲出され、多くの乗客の目にとまる車内広告の代表的な媒体です。サイズはB3で、1期7日間の掲出になります。

ドア横ポスター

ドア横ポスター乗客の目線の位置にほぼ近く、注目率・視野性の高い媒体です。1ヶ月単位の掲出になりますが、ご予算に応じて1枚単位で掲出します。

ドア上フレームポスター

ドア上フレームポスター立っている乗客の目線の少し上に掲出され、乗降時にも視野に入るため、注目率の高い媒体です。長期のキャンペーンなどに有効です。

北陸新幹線車内ポスター

新幹線車内ポスター注目の北陸新幹線の車内ポスターです。ビジネス客・観光客等幅広い乗客に注目の媒体です。

Copyright(c) 2017 株式会社テシアーズ. All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る